あしたも天気になぁれ!

玲夢と六華の成長記録 & 徒然日記

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

玲夢の足

 04, 2011 17:00
さむ~~い 

本当に冬に逆戻りしたような寒さの<ひなまつりの日  >ですね。
風は、冷たくて肌を刺すようです。
でも、その分、空の雲が払いのけられて、職場から見る富士山はとても綺麗でした。

ここの所、どんよりとした空で、富士山  を始め、殆どの山々は見ることができなかったのですが、久々に雪景色の富士山を見ることができて、ちょっとラッキー な気分です。


110303-1.jpg

携帯で撮ったので、綺麗な富士山が大きく撮れませんでした。まだ、使いこなせてないなぁ、携帯 


 時間の経過あり・・今日は3月4日(金曜日)おひなまつりの次の日です。

今日は寒い朝でした。昼間も昨日と同じ位にしか気温が上がらないって言っていました。
まだまだ、ダウンが手放せないですね。

さて、玲夢の事を少し・・
あの日以来、全くジャンプをしなくなった玲夢。
とは言っても、私達には、時々飛びつくような事はするようにはなりましたが、柵のような所では決して
しません。その事を含めて、獣医の友人に報告して、色々話した結果「今は、様子を見よう!」との結論でした。

今何か手を出す事(治療)は、動物の場合は殆どないとの事。
例えば、麻痺が始まっているとか、痛みがあるなら、その治療をするが、主だった症状がない時は、何もしないとの事。人間なら、初期治療と頭に浮かびますが、それは動物に関しては、あまりしないとの事。

もし、何かやる事で、逆に歩けなくなるリスクを考えると、今は静かに見守るのが一番との事でした。
確かに、その通りかなって思います。何も起こらないことを願っても、リスクがある以上は、やはりその事を考えて、決めていかなければなりません。わざわざ、玲夢に痛い思いをさせる必要はないのかもしれません。

普段の生活をする面では、不自由な事はないのですから。

でも、もう暫くはお散歩は控えめにかな。
特に、この不順な気候の時(寒暖の差が激しい時)は、気をつけた方がいいと言われました。

朝の早いうちや、夜遅くのお散歩は、持病のある仔や、老犬には決して良くないんですって。
負担が人間が思っている以上に掛かっているらしいです。

しっかり夕食も食べて、普段と変わらない様子で、寒い夜にお散歩に行って、帰ってきたら、嘔吐したって
病院に連れてこられたゴールデンが居たらしいです。

温かい部屋から、寒い外に出るって、やはり気をつけてあげないとダメみたいですね。
昔なら外で飼われていたわんこも、今は殆どが室内犬になっていますからね。

また、人気の犬種と言うもの、無理な繁殖をしている場合も多く、体力的に<弱い>仔が多くなっているとか。
まさにダックスもそれに値するのかもしれません。

私達が思っている以上に、気をつけてあげなければならないのかもしれませんね。

0303-2.jpg


COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。