FC2ブログ

あしたも天気になぁれ!

玲夢と六華の成長記録 & 徒然日記

Take a look at this

SP 野望編

 18, 2010 22:00
今週前半、午後休暇を頂き、長女と<SP 野望編>を新宿まで観にいきました。

<SP>はテレビドラマで放映されていた最初から、欠かさず観ていたドラマ。
それが、特別版としてテレビで続編が公開されて、その後、映画となり、完結編<革命編>と続く。

元々刑事モノは好きで、テレビで放映されるとよく見ていたもの。

今年は<踊る大捜査線>も次女と映画館に観にいった。

やはり映画館で観るものは、テレビとは迫力が違う!
こんな誰もが思っている感想を、今回の映画で改めて感じだ。

特にこの映画<SP>はV6の岡田准一のアクションが度肝を抜いた。

前評判で色々情報は聞いていたが、アイドルとしてテレビに出た彼がどこまでやるかは全く想像ができなかった。
テレビで放映された<SP>の時も、結構派手なアクションはあり、「結構やるんじゃない!?」とは思っていたけど・・・。

映画は想像以上のド迫力 に、惹き込まれた感じだった。

それが、最初と最後にこれでもか、これでもか~~~と続いたものだから、もう・・・たまらない。
(あまり、細かく語りだすと、ネタバレと言うのになってしまうから、ここまでとしますが・・・)

映画が終わった後も、暫く興奮冷めやらず。ライブの後の興奮、余韻に浸っている自分とはまた、違った自分が居たように思う。
その押さえられない高揚した気持ちが、自分をこんなにもお喋りにしている事に、ちょっと驚きもしたが、何かを語りたい!そんな思いが込み上げてきて止まらなかった。

でも、言葉では上手く語りつくせない。

帰り道、長女に「<革命編>勿論、前売りで確保!」やはり、最終話はとても気になるところ。

人間は鍛え上げればあそこまでできるもものなのだろうか。

岡田准一が、ノンスタントで挑戦したこの映画・・・
アイドルが映画にも出ました!なんて、軽い気持ちでは、あそこまでのアクションは出来ないだろう。


20101118-1.jpg





COMMENT 0

WHAT'S NEW?