あしたも天気になぁれ!

玲夢と六華の成長記録 & 徒然日記

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

3月24日 あれから1週間・・・

 24, 2015 23:00
<あしたも天気になぁれ!>にお立ち寄り頂きありがとうございます。
玲夢と六華の日々の出来事や小さな変化などを残しておこうと思い、このBlogを
始めました。その中で、私の感じた事もちょこっと綴っています。

初めて立ち寄られた方、時々遊びに来てくださる方々。
「遊びに来たよ。」の一言が励みになります.,
コメントのお返事は、Blog内にUpします。

illust3786_thumb.gif

いぬきちさん
温かいメッセージありがとうございます。


静かに息を引きとった父。
残念ながら最期を看取ることはできませんでした。
数分・・間に合いませんでした。
最期の顔はとても穏やかな顔でした。

苦しむこともなく・・・本当に静かな最期だったようです。

スパゲティー症候群を望まなかった父。

元気だった頃、「それだけは絶対に嫌だ。」と強く言っていた言葉を
家族の私達は、貫きました。
しかし、最初の入院した際にその旨を話していたのですが
Drからは再三「管を入れて栄養を・・・」と言う提案を
されましたが、あんなに嫌だと言っていた父の言葉を
裏切ることはできません。

その選択によって、生きる時は、短くなったかもしれませんが
意識もないままに、生きることが、本当に生きている!と
言えるのでしょうか。ただ、ただ、意識もないままに眠っているような日々。

好きだった相撲も見ることはできません。
懐メロを聞くのが好きだったのに、それも叶いません。
そんな状態を1日長く生きたとしても・・・父にとって
それは、苦痛でしかないのではないかと・・・
母も私も思い、出した結論でした。

年末に「苦しい、苦しい」と訴えた父
病院嫌いだった父が
救急車で緊急入院をして、約3ヶ月・・・
父は、静かに息を引き取りました。

私はこの決断に後悔はしていません。
これで、やっと父は、自由になったと思います。
苦しみからも解放されたと・・・

父が亡くなってしまったことは、悲しいことかもしれませんが
悲しみに涙するというよりも、今は、心がとても穏やかです。

写真の父、長野が好きだった父
長野に家族で行った時の写真を選びました。
普段着のままの
帽子好きだったので、帽子をかぶった写真です。
あまり笑うことがなかった父が、少しだけ微笑んでいます。

バックは桜が満開のものを
ずっと見ていると、今にも話しだしそうな、そんな写真です。

あまり形式に拘らず、我が家なりの形で葬儀も済ませました。

全て、多分父が思い描いていた形のものだったと信じています。



illust3786_thumb.gif


昨日1日お休みを頂きましたが、1日で身辺整理が終わるはずもありません。
数ヶ月単位に、やっていかなければならない事が続きます。
人が生きる・・・
人が亡くなる・・・ということは、全てを0にして行く事。
人はどれだけの事に関わってきているか。
それを全て総清算する時・・・
まだ、始まったばかりですが、ちょっと (▼皿▼)y-~

**************************************

20150324-1-tile.jpg


  •   24, 2015 23:00

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。