あしたも天気になぁれ!

玲夢と六華の成長記録 & 徒然日記

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

6月2日 セカンドオピニオンの見解・・

 02, 2014 23:00

<あしたも天気になぁれ!>にお立ち寄り頂き
ありがとうございます。


玲夢と六華の日々の出来事や私の感じたままを綴っています。

今日はどんな事が起こるでしょうか・・

illust1938_thumb.gif

今日は昨日受けた再検査の結果のお話です。
六華の記録として書き留めておこうと思います。かなり長くなるかと思いますので
興味の無い方はスルーしてください。

今朝のWANショット

20140602-1-tile.jpg







昨日はセカンドオピニオンとして、専門医の居る別の病院で再検査を受けた六華。
朝から絶食・・10時に病院へ
待合室は、たくさんのわんこと飼い主さんでごっただえしていました。
30分位待った所で呼ばれ、先日電話でお話した先生(専門医)との話が始まりました。

今回何を調べるかを絞り、それに関する検査を箇条書きでまとめました。
今までやってきた検査+、新しい項目も含めて検査となります。

そして六華をその先生に託し、私は一旦帰宅しました。

お迎えに行ったのは17時・・・夕方です。
夕方の待合室はパラパラと患者さん(かいぬしさん)
5分もしないうちに、呼ばれ・・診察室に。

20140601-2-tile.jpg
 ※今回の検査項目と結果が書かれているものと、お話をしながら、先生がメモってくださった
  もの。これは、両方とも診察終了後に頂くことができました。このメモが、後になって、お話を
  思い出すにもとても役立ちました。



当日検査結果が出るものと、結果が出るまでに数日かかるものとあり、
この時点ででた結果を元にお話が始まりました。

最初に先生より「これはあくまでも、当院の答えであり、それを信じるかどうか
は飼い主さん次第です・・・という事でお話を進めます。」

ただ、確定診断はCT検査が必要ということを前提のお話しです。

そして次に聞いた言葉は「当院の見解として、門脈シャントの可能性は低い
私はその言葉を聞いた時、健康診断の結果を聞いた日から3ヶ月間のモヤモヤした思い
毎日、毎日悩み続けた気持ちが、一気に吹き飛んだ気持ちでした。

それから2時間近く掛けて、その根拠を検査結果を元に、私にも理解できるようにお話
していただきました。
最終的に今後の事は、全ての結果が出た際に、相談ということに成りました。

また、参考の為にと、食生活に事も細かく聞かれました。

そして、今現在に体重を見る限り、食事の量が少々不足気味(それに伴い蛋白質が少い
可能性もあり)なのかもしれないということで
昨夜より今までの量より1回の食事量(フード)を5g増やす。

今回の尿検査でも、Phの数値が少し高めなので、細菌検査を行い、その結果が
今日分かりましたが、細菌は見つから無かったため
六華の食事も、玲夢がずっと食べているPHケア食に切り替えて、暫く様子を見ることに
なりました。

お話が一通り終わってから、六華とご対面です。
今回も、口の周りがびっしょり・・・前回、健康診断を受けた時も、そちらで再検査をした時も
同様に口も周りがびっしょり。
それを見て先生は「よだれ多い方ですか?と聞かれたので、検査の際はよく見られます。」
とお話すると。「かなり緊張していたのかもしれませんね。」と言いながら、
六華の口の周りのついたヨダレを綺麗に拭き取ってくださった先生。

そんなさりげない事ですが、今までは何度かあったそんな状況では
そのまま、私に託したDR。本当に本当に些細なことですが、わんこの事
動物の事を、ちょっとした事も見逃さず見ていてくださっていることに
感動、ちょっと言葉が違うかもしれませんが、その優しさに
「この先生になら六華の事お任せできる。」と改めて思いました。

ホームドクターにとも考えていた前病院の先生の事を
悪く言うつもりはありません。
六華の事を考えて、1日も早くCT検査をと強く勧めたようと、かなり怖いことも
言われました。今決断しなければ・・・取り返しの付かない事にもなりかねないとまで
言われました。その言葉に、この3ヶ月間悩み続けました。

このBlogを読んでくださっている飼い主さんたちからも、たくさんの励ましのお言葉をいただき
「六華ちゃんを愛する飼い主さんが決めたことなら、六華もわかってくれる。」と・・・

また、幼馴染でもある友人(獣医)にも、相談・・・率直な意見も心の止めて・・

今ここまでたどり着きました。
この先、どんな事が待ち受けているかはわかりません。次の日にどうなるかも・・わかりません。
ただ、今、確かに分かる事を信じて、この先も、ゆっくりと道を歩いていこうと思います。








こんな小さな身体で、この数ヶ月に何回も検査をされて・・・本当に大変だったと思います。
その度に、絶食、そして私達と離れ離れ・・心身ともにきつかったと思うと
もっと、早く専門の先生に診ていただいたら・・と思いましたが、ここまで道のりは
そんな簡単に進められることではなかった事も本当です。私が迷いに迷って、やっと
たどり着いた所でしたから。

長尾先生がよく言っていた言葉
「ゆっくり決めていきましょう!」・・
その言葉を私も心の止めて・・

20140602-3-tile.jpg













  •   02, 2014 23:00

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。