あしたも天気になぁれ!

玲夢と六華の成長記録 & 徒然日記

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

5月13日 エコー検査の結果詳細・・

 13, 2014 23:00

<あしたも天気になぁれ!>にお立ち寄り頂き
ありがとうございます。


玲夢と六華の日々の出来事や私の感じたままを綴っています。

今日はどんな事が起こるでしょうか・・



六華のエコー検査の日の事を少し書きます。

朝絶食状態で病院へ、夕方お迎えでした。

結果 エコーで見える範囲は限られますが、その限られた範囲ですら
はっきりわかったこと

肝臓の大きさは小さい事(先生は薄っぺらいと言う言い方をしていました。)

肝臓に繋がる血管冠動脈と門脈ともう1本あって、それはぼほ同じ太さのはずが
六華は、肉眼で見ても門脈が細いことが分かりました。

門脈シャントの存在ははっきりわかりませんが、やはり異常な状態であることは
間違いないとの事でした。

今は、症状として何も出ていませんが、この先、肝臓で毒素が完全に分解されてないという事は
やはり毒素が血管内を回ってしまい、症状が出てくるでしょう!との事。
血液検査の数値を経過観察しながら、もしもの時の対応を考えておいてくださいと言われました。

外科的治療か内科的治療・・・

どちらを選ぶかは飼い主である私の最終決断となりますが、先生の口調からは
外科的治療を勧めているように感じました。

私の中では、全麻による検査、そして門脈シャントが見つかれば、即手術と言う選択はほぼなし!
にしようと思ってましたが、本当に、本当にそれでいいのか?と
問われたら、また、心は揺れる。

元々肝臓の機能が低めという事はわかっている為、この先全麻でにオペに耐えられるかは微妙とも。
という事は、今すぐにやった方がいいということですか?
今症状が出ていない今なら、耐えられるという事ですか。

また、もう1つ引っ掛かっている事は、シャントが見つかり、手術となっても1回で済むか
どうかも、現時点ではわからない。何度もする事になれば、リスクも増えます。

昨日ちょっと怖い記事も見ました。
門脈シャントを閉鎖したのち、神経障害が出ることが多いとの事。動けなくなるって事です。
記憶が無くなったりすることもある、など等、怖い事ばかりが並んでいました。

数日間は、そんな状態が続く,元に戻らないこともある・・手術して即退院は到底無理。

あの小さい体がそんな思いをするなんて・・・考えただけで涙が出ます。
そんな姿を見ていられない自分が想像つきます。

だったら・・・やはり外科的でばなく、内科的の方と・・・と思ってしまう。

確かに成功すれば、普通の生活ができる!という事にはなります、
でも、でも、普通に生活とは、ビクビクしなくて済む生活ですか。

しかし、それを得るためには、あまりにリスクが高すぎるような気がしてなりません。

20140513-2-tile.jpg

rain-15.gif

朝のWANショット・・

20140513-1-tile.jpg

六華と玲夢とこの先、少しでも長く一緒にいられる為の、決断は・・










  •   13, 2014 23:00

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。