あしたも天気になぁれ!

玲夢と六華の成長記録 & 徒然日記

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

飛騨高山の旅-5 <飛騨高山 テディベア コロシアム>

 16, 2011 18:00
次に向かったのは<飛騨高山 テディベア コロシアム>

1998年、飛騨高山の”飛騨の里”という景観保存地域で 総欅造りのすばらしい合掌造りに出会いました。
この合掌造り、もとは富山県の旧い豪商がおよそ150年前に贅を尽くして 建てたものでしたが、30数年前にこの地に移築されたものでした。 磨きぬかれた壮大な欅の梁やダイナミックな小屋組み、伝統的で合理的な意匠の数々、その堂々たる美しさに惹きこまれながら、 この素晴らしさをもっと生かしたい!しっかりと残したい!という強い思いが沸いて きました。
そしてそれがわたしたちのミュージアムのコンセプトづくりの原風景となりました。(コロシアム HPより)

既に陽は落ちかけており、辺りは暗くなりかけていました。
昼間の暑さも嘘にように、気温は急降下・・・
上着を羽織らないと、寒く感じる程です。

そんな中にその場所だけ、ほんのり明るく照らされていました。
引き込まれるように建物内に入ると、たくさんのテディベア達が、私達を温かく迎えてくれました。

貴重なベアやエコをテーマにしたベア達が、1000体も展示されています。

こちらは、抱っこやカートの乗せていればわんこの入館はOK!!

また嬉しい事に、館内の撮影は自由。

可愛いテディベア達の写真を沢山撮りまくり、夢中になっていたので、玲夢と六華と一緒の撮る事を記念写真
撮影するのを、すっかり忘れていた私達でした。


04-t-1.jpg

04-t-2.jpg


04-t-5.jpg


04-t-6.jpg


04-t-3.jpg

04-t-4.jpg

 マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITツアーで販売される予定だったオフィシャルテディベアも展示。
 マイケル自身も アースソング等を作り、エコ活動に積極的だった1人です。



2日目最後の向かった先は・・・
こんな夜になって訪れた理由は???






COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。