上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
<年度末>今の職場ではあまり使いませんが、事務処理上は、今日が平成22年度最後の日。
なんだか、とても慌しく1日が過ぎていったような気がします。

明日から平成23年度が始まります。しかし既に医学部の方は一足早くスタート。
新5年生の実習は3月末、今週より始まっています。

そして明日から新しく入局するDrが数名居ます。
最終準備に追われつつ、1日アッと言うまでした。

さてさて、あちこちの会社も新入社員を迎え、新年度スタートの時。

大きな震災に、日本全体が、気持ち、落ち込み気味ですが、ここは踏ん張り時。
しっかり地に足着いて、復興の為に、皆がそれぞれの立場で、できる事をする時。

節電の1つとして、初めて<LED>電球を買ってみました。

0331-3.jpg


いままで60Wを使っていたのですが、今回購入したのは40W相当。
でも、明るくて、40Wで充分。

少しお値段も下がって来たとは言いつつ、まだまだ購入価格は高いですよね。
でも、いま節電と言われている中、少しでも消費電力が少なくて済むのなら。

こんな小さな電力節約では、あまり意味がないのかもしれませんが、これが1人、2人と集まれば、きっと大きな消費電力を節約できるかも。

おまけのショットは、先週末のお散歩の時に玲夢&六華です。

0331-2.jpg
玲夢は、この場所からなかなか離れませんでした。
他のワンコからのお手紙、どんな事が書いてあったのでしょうか。



0331-1.jpg

玲夢がクンクンやっていたら、六華が走り寄ってきて、クンクン・・
これ、誰からかな??
スポンサーサイト
昨夜は丁度夕食の時間帯に

「地震、震度3、24秒後・・・」

この声はいつ聞いても、ドキッとします。

急いで玲夢と六華を呼び寄せて抱っこをして、次女と一緒に様子を見ました。

がたがたがた・・・・

確かにかすかに揺れましたが、思っていた程ではなかったので、ちょっと安心しました。
これも<余震>でしょうか。
震源地は長野北部となっていました。

昨日もそして今日も東電より「計画停電は実施しません!」との通達があったようです。

「良かった!」と思う反面、引き続きみんなができる事<節電>
此方は気を緩めず、続けなければなりませね。

地震関連の話はココまでとして・・・

最近の玲夢と六華、元気ですよ。

平日は長い時間お留守番の事が多いのですが、ケージの中で大人しく待っていてくれているようです。
以前、ケージ内でお留守番をさせた事があったのですが、その時は、を踏みつけて、大騒ぎだったのですが、最近は、は、ケージ内のトイレではしません。

その代わり、私が帰宅後、ケージから出してもらった時に、玲夢も六華も、しっかり   
すっきり顔 になる2ワンです。


0330-2.jpg



0330-1.jpg








先週金曜日の夜から、夜中に<緊急地震速報>の声で目覚める事は無くなりました。
まだまだ昼間は余震は続いていますね。福島、茨城とあちこちで、揺れています。

この余震、段々と少なくなっていくとは言いますが、「終結する前に、少し大きめな余震があるので、注意してください!」と解説していました。

地震は段々おさまっても、原発事故は、まだまだ予断を許さない状況。

便利で明るい生活に慣れてきていた私達が、今立たされている環境は、思っている以上に深刻なのかもしれません。

被災地が広範囲に広がっている事が大きな要因で、様々な支障が出ているように思います。

その中の1つが「薬の供給停止」です。
実際、被災地にある工場が大打撃を受けて、生産不能になっている事。
現状として今の在庫がなくなったら新たな薬の供給できない事もある!との事です。

これは、かなり厳しい状況だと思います。

治療に欠かせない薬。
普段、当たり前のように服用している薬です。
その薬が処方できない!なんて。

この状況の中で、気持ち穏やかではいられません。

でも、ここでジタバタしても、事は全く変わりません。



これから先の日本の復興は・・・

私達夫々の上に課題を与えているのかもしれません。

0320-3.jpg




doglll.jpg


玲夢のイラストを描いていただき、次は六華の・・・と思っていた矢先、あの大震災が・・・
土曜日に予定していたのですが、事態が事態だったので延期に。

まだまだ余震が続き、東京電力管内や東北電力管内では<計画停電>があちこちで実施。
しかし週末は比較的、実施される事が少ないため、今度の土曜日(3/26)に六華のイラストを描いていただけることになりました。

開始時間は 我が家の事情を考慮していただき、午後8時からです。

六華がどんな風に描かれていくか・・・今から楽しみです。
今朝連続で起こった余震・・
福島で震度5強の揺れだったと言う。
これは、11日に起こった大地震の余震と言われているが、まだ予断を許さない!と言う事でしょうか。

1日1回以上はある余震に、「また、揺れている!」と、少しの地震に対して鈍感になったかと思いきや、揺れていなくても「揺れてるかな?」と錯覚を起こすと言う事は、<地震>への恐怖心がそう思わせているのかもしれませんね。見えないものの恐怖は、思った以上に、心に負担を課しているのかもしれません。

これがいつまで続くのでしょうか。いつまで・・・


原発事故により、東京電力や東北電力などで計画停電が実施されています。

電気が全く使えない生活がどんなモノか。
我が家は、計画停電のグループには入っていません。でも、この先、夏に向って電力消費量が増えれば、どうなるかはわかりません。

少しでも、計画停電せずにみんなができることは<節電>
声を大にしてみんなに呼びかけています。
特に、職場は電力使用料が多いとされる施設ですから、計画停電スタート時には、「政府からも節電を要請されています。」と何度も何度もメールや館内放送が入りました。

みんなが少しずつでも<節電>を心掛ける事で、消費電力は減るでしょう。

院内の照明なども必要最小限度まで落とし、建物内は薄暗い感じがしますが、皆さんが今の状況を知っていますから、それに対して苦情を言う人は勿論いません。

今を乗り切ることが、この先の困難も乗り切れるパワーになればと思います。

ある人に

「東京の人は<計画停電もあまりないくせに、買占めばかりに目の色変えて・・・」って、捨て台詞のように
言われたって・・・

商店街に並ぶ店の店内の様子は、私が何十年と生きてきた中で、初めて見る光景です。
陳列棚に商品が並んでない・・・

これって、何が間違った方向にみんなが向っていませんか。

「今私達が出来ること!」ってこう言う事ですか。

震災から10日が経ちました。


緊急地震速報を知らせる装置がある我が家は、「地震です。震度〇、何秒後・・・」
この声がすると、六華が怖がります。玲夢は吠え出します。
誰かに抱っこされると落ち着きのですが、六華はそれでも震え続けます。
あの日の恐怖が未だ心の中に残っているのかもしれません。

大震災が遭った日
私は丁度来週の検討会の準備をする為に、レーザー治療室で準備をしていた時に、ユラユラ揺れ始め、最初は「眩暈?」と思ったほどでした。しかし、なんだか眩暈とは違う・・・もしかしたらこれ地震?
それがあの大震災の始まりでした。

その後、これが国内観測史上最大のM9.0の地震が発生だった事を知りました。

大津波により、多くの方々が犠牲になりました。

自宅には玲夢と六華と階下には両親が居ました。
大きな揺れでしたが、玲夢と六華はそんな騒ぐ事無く「おりこうさんだったわよ。」と言われましたが、私達が居ない時にあんな大きな揺れに驚き、声もでなかったのではなかったのではないかと、今になって思います。

リビングにあるピアノが少し前に移動、小型の液晶テレビとプリンターが床に落ちていましたが、大きな水槽などは無事でした。本当によかったと思いました。

もし、あの水槽の棚が落ちたりしたら・・・
そこのもし、玲夢や六華が居たら・・
そう思うだけで、ゾッとします。

他の部屋、キッチンなど少し物が落下はしていましたが、大事には至りませんでした。

しかし、あの震災以降お留守番の時は、玲夢と六華はケージの中でお留守番をしてもらう事にしました。
窮屈で可哀想かもしれませんが、揺れがもっと大きく、物が落下中、逃げ惑う事はとても危険。

110211-1.jpg


そんな事を考えると、大地震の時は、できればいつも一緒に居たいと思いますが、それが出来ないのなら・・・
まだまだ、余震も続いていますからね。



あの日、大震災後には、電車が全線止まり、最終的に電車は終日止まると事が決定。
主人、娘2人は帰宅難民になりました。

長女は職場が通勤時間1時間以上掛かる所にあり、途中までは職場の人と歩いて帰ってきたものの、それ以上は無理だと判断。携帯より連絡が入りました。しかし、夜、何処で過ごせばよいかわからず、とても不安だったようで、何度も連絡が入りましたが、私も初めての事で、途方に暮れてしまいました。

主人から、駅近くに退避できる所が開放されているらしいと聞き、早速その事を娘に伝えましたが、最寄の駅 東京駅近くで何処が解放されているかがわからないまま、「もうすぐ、携帯充電やばいかも。」とメールが届き、こちらの心配は増すばかり。その後、暫くしてメールで「国際フォーラムに退避できたから。」と。フォーラムで一夜を過ごし、早朝動き出したメトロを乗り継いで、漸く帰宅しました。

主人は会社より早めに退社。只管歩いて、1時間半掛けて帰宅。

次女も徒歩で帰宅。しかし、なんせ道がいまいちわからないというので、途中まで迎えにいきました。多くの方々が歩いて帰宅する中、逆行して娘を迎えにいきました。

娘の顔を見た時は、本当にホッとしました。

その間も余震は何度もありました・・・

家族が全員自宅に戻ってきたのは 大震災の次の日の朝でした。

家族が全員一緒に居る事が、普段なら当たり前の事が、あの朝はとても<幸せ>に感じた事は言うまでもありません。


余震が続く中、不安も持ちながら、家族全員それぞれに仕事に行ってます。

朝の通勤は、電車の本数が普段の何十%も減少や、運休だったりして、想像以上に混み、出勤するのも大変ですが、1人1人が自分の役割を果たす事が、大切な事だと思うから、私達が今できることの1つだと思うから・・















チョビさんが描いてくださったイラストです。コピーフリーだったので、早速DLしてきました。



みんなの思いが1つになって・・

私達1人1人の力は小さいけれど、それが集まれば大きな力になります。
Blogを再開したいと思います。
ここに今を記録として残していこうと思います。



大震災から1週間が経ちました。
この地区も余震が続いています。
とても長く感じた1週間でした。

テレビから日々被災地の様子を映し出される度に心が壊れていきそうになります。
そんな中、ラジオから流れてきた曲名はわかりませんでしたが、その曲を耳にした時、とても心がホッとしました。そしてその番組のアナウンサーの方が言っていた
「私が持っていたipodからの曲ですが、この曲を聴くことで、少しでも心が安らげるならと思い、かけています。」その言葉に、私は熱いものがこみあげてくることを感じました。

大津波により、多くの方々が犠牲になり、破滅的な状況になってしまった方々を思うと、「こんな時に曲なんて聞く気持ちにならない!」と言われるかもしれませんが、時には心を解放してあげなければ、心は壊れてしまいます。音楽がそんな傷ついた心を癒してくれると信じています。

原発事故により、計画停電が打ち出され、多くの方々が、節電をして、この事態をなんとか乗り越えようとしています。私達1人の力は小さいけれど、その力が合わされば、大きな力になると思います。小さな節電が、大きな節電になると思います。
この先いつまで続くかわかりませんが、私達が出来ることを続けていきたいと思います。

玲夢も六華も元気です。
あの日以降、お留守番はケージの中でするようになりました。最初はどうなるかと思いましたが、2ワンでおとなしくお留守番をしているようです。でも、排せつはなかなかできないのか、私達が帰ってきた途端、ケージから
飛び出して、大量のおしっこやウンチをしています。ケージ内のトイレでできるようになるとよいのですが。

震災以来、久々に玲夢と六華を連れて、お散歩に外に出てみました。
お友達に会うことはできませんでしたが、ポカポカした風を感じ、確実に<春>が近づいています。
風に乗って、沈丁花の香りが鼻をくすぐりました。

前を向いて歩いて行こう・・・

110319-1.jpg



110319-2.jpg



暫くの間Blogは休止します。

私達が今出来る事をしたいと思っております。

檸檬哀歌

doglll.jpg


今夜(3/10)21;00~↑ こちらで玲夢のイラストを描いていただくことになりました。
リアルタイムで、その様子を見る事ができます。

以前より、玲夢と六華にイラスト画を描いて頂きたい思っていた所、Blogのお友達、ネコ娘さんの所で
こちらの事を知り、応募した所、この度、順番が回ってきたんです。

今からワクワク  しています。

週初め、仕事始めの月曜日は、雨  が雪  に変わってしまいました。
積雪はないでしょう・・・と言う予報も、完全に外れ! 

いつまで降り続くのか、ちょっと心配になる昼下がりです。 

さて、日曜日、玲夢の足の状態も、変わらないままなので、控えめお散歩と言う事で、2週間ぶりに、普段よりもペースをダウンして、ゆっくりとしたペースで、近くの広場まで行ってみました。

足の運びや動きを注意しながら歩きました。

気持ち足取りは普段よりはゆっくりだった玲夢ですが、無事広場に到着!

顔見知りのワンコ達が広場で遊んでいるのを横目で見ながら、広場の端の方で遊ぶ事にしました。

玲夢も六華もいつもの通り、クンクン ・・・
お友達が残していった匂いで、どんなお話をするのでしょうね。

110306-2.jpg




110306-1.jpg



先週末は六華1わんのお散歩で、少し寂しそうな表情をしていたのですが、今回は玲夢が一緒だったので
いつもの表情に戻っていました。やっぱり一緒  がいいですよね。

110306-3.jpg

※ この写真は以前に撮影したものです。




さむ~~い 

本当に冬に逆戻りしたような寒さの<ひなまつりの日  >ですね。
風は、冷たくて肌を刺すようです。
でも、その分、空の雲が払いのけられて、職場から見る富士山はとても綺麗でした。

ここの所、どんよりとした空で、富士山  を始め、殆どの山々は見ることができなかったのですが、久々に雪景色の富士山を見ることができて、ちょっとラッキー な気分です。


110303-1.jpg

携帯で撮ったので、綺麗な富士山が大きく撮れませんでした。まだ、使いこなせてないなぁ、携帯 


 時間の経過あり・・今日は3月4日(金曜日)おひなまつりの次の日です。

今日は寒い朝でした。昼間も昨日と同じ位にしか気温が上がらないって言っていました。
まだまだ、ダウンが手放せないですね。

さて、玲夢の事を少し・・
あの日以来、全くジャンプをしなくなった玲夢。
とは言っても、私達には、時々飛びつくような事はするようにはなりましたが、柵のような所では決して
しません。その事を含めて、獣医の友人に報告して、色々話した結果「今は、様子を見よう!」との結論でした。

今何か手を出す事(治療)は、動物の場合は殆どないとの事。
例えば、麻痺が始まっているとか、痛みがあるなら、その治療をするが、主だった症状がない時は、何もしないとの事。人間なら、初期治療と頭に浮かびますが、それは動物に関しては、あまりしないとの事。

もし、何かやる事で、逆に歩けなくなるリスクを考えると、今は静かに見守るのが一番との事でした。
確かに、その通りかなって思います。何も起こらないことを願っても、リスクがある以上は、やはりその事を考えて、決めていかなければなりません。わざわざ、玲夢に痛い思いをさせる必要はないのかもしれません。

普段の生活をする面では、不自由な事はないのですから。

でも、もう暫くはお散歩は控えめにかな。
特に、この不順な気候の時(寒暖の差が激しい時)は、気をつけた方がいいと言われました。

朝の早いうちや、夜遅くのお散歩は、持病のある仔や、老犬には決して良くないんですって。
負担が人間が思っている以上に掛かっているらしいです。

しっかり夕食も食べて、普段と変わらない様子で、寒い夜にお散歩に行って、帰ってきたら、嘔吐したって
病院に連れてこられたゴールデンが居たらしいです。

温かい部屋から、寒い外に出るって、やはり気をつけてあげないとダメみたいですね。
昔なら外で飼われていたわんこも、今は殆どが室内犬になっていますからね。

また、人気の犬種と言うもの、無理な繁殖をしている場合も多く、体力的に<弱い>仔が多くなっているとか。
まさにダックスもそれに値するのかもしれません。

私達が思っている以上に、気をつけてあげなければならないのかもしれませんね。

0303-2.jpg


今日は何の日だかご存知ですか?
3月2日・・・語呂合わせで 3=ミ 2=二 ミニチュアの日・・・だそうです。

たまたま職場で流れていた番組で見つけたんですけどね。

ミニチュアや小さいものを愛そうという>と言う日らしいです。

なんだか、押し付けの意味って感じですね。

なんて言いつつ、私自身は<ミニチュア >の物を集めたり、作ったりするのが好きなので、ちょっと嬉しい日でもありますね。

以前はセット物ですが、家事の合間などに作って楽しんでいましたが、最近はちょっとご無沙汰しています。

0303-1.jpg


時々テレビなどで取り上げられていると、ジッと見入ってしまって、その時は「また、作りたいなぁ~」なんて思うのですが、なかなか実現しません。
おはようございます!
結局昨日の 雪は、長くは続かず、夜にはすっかり上がっていましたね。
でも、今日もなんだかはっきりしないお天気の様子ですね。
朝の通勤時間も、小雨  のような小雨ではないような?
もう、降るなら降る!
降らないなら、降らない!って、はっきりしてよ!って言いたいような空模様。

傘を持っていた私も、傘をさそうか、さすまいか? 随分迷って  濡れたくないので傘を差しました。でも、これって、結構勇気が要ります。つまらない事なんですけどね。

お話変わって・・・
朝の気温は昨日よりは少し高かったのか、あまり「寒い! とは感じませんでしたが、それでも、
ファンヒーターのスイッチが入った途端、六華は勿論、玲夢 もちゃっかり ヒーターの前の特等席を陣取っていました。

0301-4.jpg



おやおや・・・

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。