上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
またまた、先週末は午前中お散歩、午後ホームセンターの定番?コース。

朝のお散歩時
いっぱいいっぱい走ってきました

0802016_rika-2.jpg




080216_remu-2.jpg



午後は 車 でホームセンターへ

ホームセンターって、見ているだけでも楽しくなってしまいますよね。
また、色々発見したり・・・
「こんな物があるんだ。これをあの場所に使えば、もっと使いやすくなるかも!?」ナンテ
色々頭の中で思い巡らしながら、あちこちの売り場を物色。

その間、玲夢&六華もお店に慣れたのか、前回よりも<おりこうさん>だったように思います。玲夢の身を乗り出す事もあまりなかったようにも思いますし。

店内には親子連れや色々なお客さんが居たのですが、今回は声を掛けてくださる方や「触ってもいいですか?」と言ってくる親子連れが居たり。
しっかりリードで抑えて、「どうぞ!」と・・・
優しく撫でられて、キョトンとしている玲夢&六華
お散歩時だと、他の飼い主さんから声を掛けられても、一旦は近づいても、身を引いてしまう六華も、この時は、とても大人しくしています。
玲夢も同様。優しくしてくれる人をジッと見つめています。


080223_rr.jpg


場に慣れること
人に慣れること・・・
いい調子かも。

今回も六華の車酔いもなし
これもまた、六華にとっても大きな進歩。<外出、車、楽しいこと>と繋がりつつあるかな。

帰宅後は、疲れてたのかな。
次女の腕の中で仲良く

080217_rr-2.jpg




スポンサーサイト
火曜日の朝の事・・・普段通りに朝のブラッシング、歯磨きをしようと思っていたところ・・
カーペットに点々と、赤い物が・・

「エッ?これってもしかして血?
よ~くよ~く見ると、本当にあちこちに点々と残っています。
「誰か足に怪我?」頭に過ぎり、近くに歩いていた玲夢を抱き上げて、4本足を全部確認!

すると・・・なんとまぁ、後ろ足肉球に後ろの方に摺れた痕を発見
そこからどうやら出血していたようです。後ろ左足を見て、もう片方の後ろ右足にも
左に比べると小さいけれど、やはり摺れた痕が・・







これは大変と、まず消毒!
何度かしていくうちに、出血も止まってきた様子。
自宅に適した薬がなかったので、とりあえず消毒のみ。
まだ傷口自体が完全に乾いているわけではないし、そのまま普段通りに歩いていると、ばい菌が入る可能性もあるし、激しい動きは控えた方がよさそうかと思い、午前中玲夢はハウスで過ごす事にしました。

いつも車に乗る時のみ渡している大型ボーンを渡すと、それに夢中で大人しく
ハウス内に居たようです(入れた後私は仕事に行ってしまったので)
ハウスに入った様子をジッと見つける六華。
「何故?私は入っちゃいけないの何でおにいちゃんだけ
そんな顔をしていた六華でした。

暫く足をあまり使わなかったお陰で、その後ハウスから出した時は、殆ど目立たなくなっていましたが・・・やはり、室内でも歩くと、擦れるのか、少し赤くなっていたようです。

ハウスから出た玲夢は安心したのか?ゴロンと眠ってしまったようです。





グッスリ眠っている時に撮ったもの・・



既にこの時点では、赤みも消えていたのですが・・

暫く時間が経つとまた傷口は赤くなってしまいました。
犬の傷口にも<ゲンタシン>が効くようです!と、職場でやはりワンコを飼っているDrより
聞いて、病院より<ゲンタシン>を1本頂き、帰宅後塗ってあげるつもりが、なんともまぁ
ドジな私で・・・その薬を職場に忘れてしまいました。





1日経ってからなのですが、まだ皮膚が上がってきていないので、寝る前にゲンタシンを塗ることにしました。しかし、何処でやってしまったのか、また同じ事が起こったら・・と思うと、とても気掛かりです。


0802019_rika.jpg

早く、お兄ちゃんの足、治るといいなぁ~


この週末は、新たに開拓した!?ホームセンターに行って見ることにしました。
今回より、玲夢&六華連れで・・

事前に<ペットカート使用可>と言う事を確認済みです。

今まで、六華が車酔いする事と店内で2ワンが大人しくしているか、少々心配!と言う事もあり、なかなか気軽には連れ出す事躊躇していたのですが、前回、近所のホームセンターに行った時、抱っこで店内を回るつもりだったのですが、やはり抱っこではゆっくり見る事が出来ず、カートに初めて乗せたところカート上でも、大人しくしていたので、今回行く所は、ペットカートを使用できる事もあり、チャレンジ

我が家から車で20分足らずの距離。
六華酔うかな~と、ちょこっとドキドキしていましたが、今回は行きも帰りも大丈夫でした。

さぁ、お店に着いて、ペットカートに乗ってみました。



ちょこっと大きめに玲夢と標準サイズに六華2わん乗っても、余裕余裕です


今までよく利用していたホームセンターの支店なのですが、広い敷地に建てられたので、1階売り場、屋上階が駐車場でも、とても広く、広いところに、ゆとりの陳列商品と言う事で、見やすくて、種類が多い。それだけでも、ワクワクしちゃいます。

元々、ホームセンターのようなお店は1日見ていても飽きないので、今回は午後から行った事と、棚板を購入、サイズに裁断してもらう事に手間取り(順番待ちがあったので)アッと言う間に時間が過ぎてしまいました。

その間、玲夢&六華は大人しくペットカート上です。
他にも色々な犬種のワンコ達が玲夢達と同じようにカートに乗って飼い主さんとお買い物。
時々すれ違いざまになるのですが、普段お散歩途中に他のわんこに会うと、六華は時々
吠えちゃう事もあるのですが、店内では全くそのような事もありませんでした。

陳列されている商品に時々興味があるのか、身を乗り出すのは決って玲夢。
六華はどちらかと言えば、ホントに大人しくカートに座っていました。
玲夢が、時々乗り出すときに、踏まれちゃう事も・・・
「おいおい~~玲夢、六華の上に乗っちゃダメ!」・・と何度注意した事か







そんな事もありつつ、私達に最後までお付き合いしてもらったので、ペットコーナーで、新しい玩具を2つ・・・ご褒美に購入!


gangu.jpg


帰宅したのは夕方・・・
流石に疲れちゃったのか、2ワンは夕食まで





土曜日に新たに開拓したホームセンターに行った事で、私自身ワンコ連れにちょっと自信が持てたので(あまり神経質に考えない事でしょうか。)次の日の日曜日も、前の日に買い忘れた物を買いに、今度は行き慣れている近所のホームセンターに、玲夢&六華を連れて行ってきました。娘達には、「お留守番させればいいのに~」なんて言われましたけど、「これも慣れだから!」と言ってしっかり連れ出しました。そこでも、カートに乗せて一緒にお買い物。土曜日も日曜日も、心配していた六華の車酔いもなく、これは<進歩>と見ていいのかな~~。
とは言っても、玲夢と違って、六華は車の中では、より一層大人しくなり、その後暫くして嘔吐する事があったので、少々ドキドキだったのですが・・・(汗)
これからは、もっとどんどん一緒に行動しようと思っています。勿論、犬同伴可のところですけどね。
昨年我が家に設置した<緊急地震速報サービス>。
先週末、日曜日あれは、何時頃だったでしょうか。昼過ぎ?丁度家族と寛いでいた時に
初めて聞きました「震度3の地震が起こります(来ます?)・・・5,4,3,2,1・・」<言葉はっきり覚えていません。あまりに突然だったので>

その声に、玲夢&六華達も異変に気が付いたのか、ワンワン~~と吠え始め即座に、私は近くに居た六華を抱き上げ、傍に居た長女に玲夢を抱っこさせ、「地震」=「机の下に避難」と頭の中にインプットされていた事、何も考えずに六華と一緒に勉強机の下にもぐりこみました。

カウントダウンと同時に、小さな揺れが~~~
あまりに小さな揺れに最初、「あれ??」って感じでしたが、隣の部屋に居た家族が「揺れてるぞ!」と・・でも、その揺れも数秒後?におさまり、テレビに地震速報で「千葉でマグニチュード3の地震がありました。」とのタラップが流れたようです。
「地震あったんだ!」とまさに他人事のような揺れではありましたが、揺れよりも何より
「地震が来ます。」との声にかなり反応してしまいました。

人間、そんな時冷静な対応ができるか?と問われたら、どうなのでしょうか。なかなか難しいような気がします。気が動転してしまって、何をすべきか判断できないような気がします。

今回は震度3と言う事でしたが、これがもし震度5とか震度7なんて言われたら・・
その数値だけで、パニックになってしまうような気がします。

今年4月からは、民放ラジオでも、<緊急地震速報>を流すと言ってきます。
放送途中にこのような情報がもし流れたとしたら・・皆さんは、どんな対応ができますか。
高速道路上では、「急ブレーキを掛けないようにしてください。ハザートランプをつけて、速やかに左側に止めるようにしてください。」と注意を呼びかけていますが、そんな冷静な対応が果たしてできるのでしょうか。地震速報に関しては、賛否両論、いい面悪い面があるのではないかと思います。と言うか、それを受け止める人達の心構えが必要ではないかと思います。






ねぇ、お兄ちゃん、地震っていつ来るかわからないから、怖いよね
僕達、地震が起こった時、どうすればいいのかな
 みんなが一緒の時だったらいいけど~~~



この週末、今年何回目?5回目?の雪が金曜日に夜降り始め、気が付くと金曜日の夜遅くには、辺り一面雪景色になっていました。
「これは、もしかしたら、明日の朝はもっと積もっていて、玲夢達初の雪合戦体験できるかな」ナンテ、ちょっとばかり期待していたのですが、雪も夜遅くにはやんでしまったようで、次に日は、急速に天気も回復。
積もっていた雪も、どんどん溶けていってしまいました。

それでも、朝の内は、昨夜の雪が道に残り、<週末散歩>は叶いませんでした。でも、そんな具合で、雪はすっかり土曜のうちに溶けてしまい、道も乾いたので、日曜日、月曜日は、バッチリお散歩行けました。

お散歩からの繫がりで・・・
先日Blogにも書きましたが<引っ張る癖矯正ハーネス>、脇の下に当たるようなので、その後何度も何度も玲夢の体型に合わせてベルト調整をしたのですが、やはりどうしても左脇の下に位置は調整により微妙にずれていくのですが、お散歩から帰ると赤く摺れた痕が出来てしまいます。

歩いて居る時も、時々玲夢の様子を見ながら歩くのですが、足取りはいつもと変わりません。でも、実際このように赤く擦れていると言うことは、ベルトが擦れる。合ってない!あるべき位置にないって事になりますよね。

ダックスは、他の犬種とは違い、極端に足が短い為にそういう事になってしまうのでしょうか。ネット上にはそのような体型による調整に関して、細かい注意もなく、どの犬種にも使えるような書き方だったので、私も安易に捉え、深く考えずに購入。

最初に装着した時は、思った以上の効果に、驚き、喜びました。
「やったね!」と思わず、玲夢に声掛けちゃうほど。
いい位置<ツケの位置でのお散歩>でお散歩できることが目標だったので・・本当に「買ってよかった!」と心から思いました。しかし・・・まさか、玲夢の脇の下があんな風になっているとは思ってもみず、サロンで言われて発覚
その時は、既に瘡蓋になっていたので、時間の経過があった事だけがわかる事。
その瘡蓋が出来るまでに間・・・玲夢は、どんな風に思っていたのでしょうか。
どうして気が付いてくれないの?」と、思っていたのではないか、叫びたかったのではないか?と、今になって思います。


折角週末に楽しいはずのお散歩が、これでは台無しです。


引っ張り癖を直したい気持ちはとても強くありました。
今までにも色々試してなかなか成果が得られなかったので、こんな道具を使ってみる気持ちにもなりました。

でも・・・ちょっと待ってください
お散歩=楽しいもの、でなきゃね。
飼い主との楽しい時間になってこそ、意味があるもの。
それが苦痛に変わってしまったら、本末転倒です。

この週末のお散歩は、ハーネスは使用せず、以前使っていたハーフチェーンを取り出してきて使う事にしました。
救いは、玲夢がまだお散歩行きたくて行きたくて、散歩の支度が始まるサイン?リードなどを用意する音だけでハイテンションになる玲夢&六華。まだ今なら大丈夫かなと思いました。

そしていざ・・お散歩出発!!

あれ?前ならハーフチェーンでは、引っ張っていた玲夢が、ハーネスをつけている時と同じ位置(つまりツケの位置)で歩行していました。
と言う事は、ハーネスでなくても大丈夫!って事・・ですよね。

時々、キュッと引っ張ろうとしたら、リードコントロール。
それで、引っ張りはしません。

いい調子!いい調子!

お散歩は終わると、リードを持っている左腕、左肩に痛みを感じたあの頃、余計な負荷が掛からないのでそんな事にもならず・・楽々です。

暫くはこれで様子を見ることにしましょう。
<楽しいお散歩>





ボクね、お散歩、とっても好きなんだぁ~~











最近の玲夢・・・抱っこをせがむ相手として一番多いのが、次女なんですよ。
どうして?と言うのは、よくわかりませんが、大学の講義もほぼ終わり、昼間自宅に居る事が多い事もあるのでしょうか。

パソコンをして居る時も、傍に近づいてきては「抱っこ!」と求めてくる玲夢の目、そして、大きく振る尾っぽ。やはり拒否は出来ないのが人情でしょう






抱っこされて、もう安心しきった顔・・そしていつのまには、寝顔になっている玲夢。
まさに至福の時の顔になっています。

よく、本などには、<わんこが求めてくるからと、安易にそれに応えてはいけません。上下関係が逆転してしまいます。>とあります。
確かにいつもいつも応じられるわけはありません。此方が忙しくして居る時は、完全無視と言う事も多々あります。その時は、とても悲しそうな目、背中を丸めた後姿!?諦めた様子が遠くに居ても伝わってきます。そんな時はちょっと心が痛みますが、仕方ない事と、グッと堪えます。

でも、相手をしてあげられるなら(多少PCのキーを打つがちょこっと大変になったとしても)、やはり思わず抱き上げてしまうのも、ゴクゴク自然の事。

そうする事によって、玲夢は安心でき、私達も玲夢のぬくもりにホッとしたり、表情に癒されたり。


わんこの飼い方マニュアル?本に書いてあるようにはいきません。
その家庭、その家庭にあった接し方、そのわんこにあった接し方ですれば
よいのではないかと最近思うようになりました。
<こんな事をトレーナーさん?カウンセラーの方が聞いたら、呆れられるかもしれませんけど

躾とは違う。きとんとした躾が出来ているわんこは、やはり素晴らしいと思います。
素晴らしいと言う言葉だと、ちょっとニュアンスが伝わり難いかもしれませんが、そこには
飼い主とのきとんとした信頼関係が成り立っているわけですから。

それは傍から見ても、とてもかっこよくも映ります。
私もそんな関係になれるように、日々試行錯誤、考えていますが、なかなか思うようにできない事も多く、時にはめげそうになります。それでも、諦めずに続けたいとはいつも思っています。

<いい関係>を築く為にも。お互いがお互いを必要とするいいパートナーになれる事。それが、私が密かに思っている目標です。





六華は毎晩私がPCを立ち上げ始めると、ジッと見つめて、その瞳は微動だにしません。そのうちク~ンク~ンと鳴き始めます。
ついついその声に、私も応えてしまっています。
そして、私の膝の上で眠りに付く六華・・・
わざわざこんな狭いところで眠らなくても~~ナンテ思いつつ、その姿がまた愛おしくて・・仕事と家事の両立に少々疲れ気味の時も、フ~と力が抜けていく感じです。













この週末日曜日、東京は今年3回目の雪が降りました。
朝から粉雪が降り続き、あちこちの屋根や車の屋根、木々、勿論道路も雪が積もり始め
まさに一面が<雪景色>に変わっていきました。

我が家の玄関先にあるプランタにも雪が降り積もり、この通り~~~




そんな中、我が家の寒がりさん玲夢君と六華ちゃんは・・
雪が降っている事なんて、気にも留めず、室内でゆっくりと過ごして居ました。

東京には珍しい積雪となったのですからと・・
私達は2ワンを雪降る外にチョットだけ連れ出しました。とは言っても、抱っこです。





玲夢は、外に出ても、雪など見る気もなく??下を向いてばかり。
 「早く、暖かいお部屋に戻りたいよ~」 ナンテ思っていたのでしょうか。
元気がいい玲夢は何処へ行ったやら
下ばかり見る玲夢が、一瞬カメラの方を見た瞬間です。





六華は、抱っこをされて外に出た時は、チラッと雪にツンツンと鼻を付けていたのですが、
ガタガタ震え始めちゃいました。

よくよくあることなんですけど、スリリングで外に買い物に行く時も、最初はズッと震えているんです。余程寒いのか、外が怖いのか
先日の事、スリリングごとコートの中に入れてしまったら
震えがピタッと止まりました。
やっぱり<寒かった>と言う事でしょうか。

♪~<雪やコンコン、あられやコンコ、降っても降っても~~>と
ありますが<犬は喜び庭駆け回る~~>って・・・
我が家の玲夢&六華は、雪の中、あの歌のように走り回るのかな。


           


週末、他の買い物で隣駅にあるペットショップに行ったら、あの歯磨きが沢山入荷されていました。先日、我が家にも届きましたが、ストック用として1つ購入・・・

他の物も見ておこうと思って店内を歩いていると、目に飛び込んできたのが「今月24日にて閉店することになりました。」の貼紙。
そこには、わんこ達も売られているのですが、残っているわんこやネコちゃんも殆どが半額になっていました。既に閉店が決まっていたからか、残っているのは、生後半年以上経っているものが殆ど。まぁ、お店の方針でかなり前から決まっていたのかもしれませんが、売りさばく為に、プライスダウン!命の値段を、人間の都合で決める事が、複雑な思いが残りました。

暫くお店に居たら、何処かの男女がチワワを購入する事にしたのか、お店のから<飼い方のアドバイス>を聞いていましたが、「安いからと安易に買うわけじゃあない事」を祈りたい。

一時の感情で飼う事だけはしないで欲しいから。
手に負えなくて安易に捨てる!
つまらなくなって、厭きたから手放す!
オモチャじゃあない、わんこちゃんもネコちゃんは、私達と同じ命ある生き物だから・・・






無邪気に遊ぶ玲夢・・・
 そんな様子を見ているだけでも、私達はホッとする。






六華の優しい眼差しに、<明日も頑張ろう!>と思える。
 


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。